mayaでの記号的なエフェクト素材作成

GCS2014龍が如くエフェクトメイキングでCG素材作成の補足として記号的エフェクト素材作成を紹介しましたがちょっと進行が早過ぎたので
(元々CEDEC用に作ってあったものを強引に縮めて30分にしたから)
ここで再度説明しておきます。

GCS2014でCG素材作成の補足として説明した部分のムービー

TOPビューでスクリーンショットを撮るやり方です。
※ Use No Light、Grid非表示、ビューポート2.0は頂点カラーがちゃんと表示されないのでレガシーの方で。
円柱を出して横の分割数を調整、上下の蓋を削除、上の頂点をすぼませます
エッジ部分にtransform componentをかけて真ん中にエッジループかけて頂点カラーをアサインして
ランダムのスケールで放射状リングの出来上がりです。

テクスチャのデフォーマーとしてもMayaは優秀です。

この辺MELかPythonで自動化しとくと楽かもしれませんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です